« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

ガス腹解消にショウガミントティー

おなかが張って、苦しくなった経験、ありませんか?
もともと便秘ぎみで、大腸の動きが悪い私は、しょっちゅうガス腹に苦しめられました。

そんな私を救ってくれたのが、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)という漢方薬。
防風通聖散は、実証(じっしょう)といって、体力があり便秘がちで肥満の人向きの薬。
私は防風通聖散を飲んだ翌日に、便秘もガス腹も解消した経験があります。

ここで紹介するショウガミントティーは、松生クリニック院長の松生恒夫医師が、防風通聖散に配合されている生薬を参考に考案したレシピ。
一日2リットルを目安に飲むと、便秘・ガス腹・むくみ解消に効果的なのだそうです。

私は朝晩1リットル程度飲んでいますが、おいしいし、ガス腹になりにくいみたい。
というか、オナラがよく出ます……
まあ、健康のためにはドンドン出したほうがいいですよね!!

[材料]
乾燥ペパーミント 小さじ1
レモン果汁 大さじ2
おろしショウガ(チューブ入り) 1〜2㎝
オリゴ糖 適量

1 水500mlにペパーミントを入れ、5分おく。
2 茶こしで葉をこし取り、レモン果汁・ショウガ・オリゴ糖をよくかき混ぜて出来上がり。

※ミントティーの場合
1 お湯500mlにティーバッグ1つを入れ、10分おく。
2 ティーバッグを取り除き、レモン果汁・ショウガ・オリゴ糖をよくかき混ぜて出来上がり。

ショウガミントティーは、一日1リットルを目安に飲みます。
冷蔵庫で2日保存できるとのこと。

ガス腹対策は食いしばらないこと!息を吐き出すこと!!も参照してください。

| | トラックバック (0)

水アカ退治にクエン酸ホームケア

クエン酸は、レモン汁などにも含まれ、飲用すると疲労回復効果があることで知られています。
さらにクエン酸には、水アカやトイレの黄ばみなど、結晶化した厄介な汚れを落とす働きがあります。
ここでは、クエン酸を溶かした水「クエン酸水」を利用した住まいの手入れ術をご紹介します。
※参考図書 『重曹生活のススメ』(岩尾明子著、飛鳥新社) 『なるほどエコ生活』(佐光紀子著、リヨン社)

■クエン酸水(酸濃度は約2%)の作り方
[用意するもの]
クエン酸 小さじ1
水 1カップ(200ml)
空き容器(スプレー容器が便利)

容器に水とクエン酸を入れてふたをし、よく振ってクエン酸が溶ければ出来上がり。

□台所
○冷蔵庫の軽い汚れ
クエン酸水を吹きかけ、乾いた布でふき取る
*抗菌効果もある

○電気ポット・やかんの底の水あか
1 全部ひたるくらい水を張り、クエン酸大さじ1〜2を入れて、一度水を沸騰させる。
2 冷めたら水を捨て、手にゴム手袋をはめてから塩で磨き、水ですすぐ。

□洗面所
○鏡
クエン酸水を吹きつけ、毛羽が立っていない布で磨く。

○洗面台
外出前に、排水口と蛇口の根もとにクエン酸水をスプレーする。

○洗濯機
1 洗濯槽の最高水位まで水を入れ、クエン酸を1/2〜1カップ入れる。
2 一晩置いて、クエン酸水を抜き、水道水でよくすすぐ。
*カビの温床になる石けんかすを取り除く

□ふろ場
○シャワーヘッドの汚れ
1 洗面器いっぱいにクエン酸水を入れる。
*汚れがひどいときは、クエン酸水1カップにつき小さじ1の割合でクエン酸を加える
2 1に、シャワーヘッドを30分から1晩漬ける。
3 手にゴム手袋をはめてから、塩で水アカを磨いて落とす。
4 水で流した後、クエン酸水を吹きつける。

○蛇口の水アカ
1 キッチンペーパーにクエン酸水を含ませ、蛇口に張り付けて、30分から1晩置く。
2 手にゴム手袋をはめてから、塩で水アカを磨いて落とす。
3 水で流した後、クエン酸水を吹きつける。

○浴室の隅のカビ
掃除の後、クエン酸水を吹きつける。

□トイレ
○便器
クエン酸水を吹きつける。
*使用後、その都度クエン酸水を吹きつけると、黄ばみ・輪ジミが防げる
*外出までに、便器やトイレ全体にクエン酸水を吹きつけると、汚れもにおいも分解される

○便器周りの床
クエン酸を吹きつけて、乾いた布でふき取る。
*尿の成分を中和して、カビや雑菌の繁殖をおさえる

○手洗いの水アカ
クエン酸水を吹きつける

□洗濯
○おねしょした下着など
大きなバケツにクエン酸水を張り、2〜3時間下着などを漬け込む。
*おねしょした布団は、クエン酸水を吹きつけて日干しすると、においが残りにくい

▽バスボム
[材料]
クエン酸 1/2カップ
重曹 1カップ
コーンスターチ(またはカタクリ粉) 1/2カップ
無水エタノール 少々
エッセンシャルオイル 小さじ1/2〜1
*かんきつ系やミントのオイルは肌を刺激するので避ける

1 ボウルにクエン酸、重曹、コーンスターチを入れてよく混ぜ、えっしゃんしゃるオイルを加えてさらに混ぜる。
2 1に、エタノールを少しずつスプレーしながら、混ぜる。
3 少し湿った状態になったら、4〜5等分してラップで包み、ギュッと丸いボールを作る。
4 丸一日置いてバスボムの出来上がり。1週間くらいで使い切る。

[使い方]
湯ぶねにバスボムを入れる。
*血行促進・リラックス効果がある

| | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »