« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »

せめてオチをつける

やたら他人の生き方に口を出してしまうのは、その人をほんとうに心配しているのではなく、単に何か言いたいだけです。
親身になって考えたら、簡単には他人の領域に踏み込めないものですから。

それなのに、「あの人は私の忠告に耳を貸さない」と逆ギレします。
自分が親身になっていないのだから、当然のことなのに。

「世間の目は厳しいわよ」などと口走るときは、自分で自分を窮屈な枠にはめているのです。

そもそも「世間」の人はだれなのでしょう。
アルゼンチンの人々は、「世間」に含まれません。
地球の裏側まで行かなくても、自分をまったく知らない人々は、隣町に住んでいても「世間」といえません。
また、親・兄弟・配偶者・同僚・友人を「世間」でくくるのは、おかしい。

ですから、「世間」は、自分の顔や名前を知ってはいるものの、日常会話を交わすほど親しくない、ふだんは自分に無関心な人々となります。

実際は、自分自身のあいまいな価値観を、周囲に投影したものが「世間」。

「メイクをしないで出かけるなんて、世間の目が恥ずかしい」と気になる場合。
すっぴんの自分がなんとなく恥ずかしいだけです。
多くの人が、自身の顔を鏡で細かくチェックしても、他人の顔はあまり見ていません。

ところで、他人に対して攻撃的になるのは、過剰な自己防衛。
「弱い犬ほどよく吠える」というように、弱くて、つまらなくて、自分で自分が嫌だから、周りにかみ付くわけです。

まさに「口は災いの元」。
口を開くたびに、周囲に迷惑をかけ、疎まれ、嫌われ、自分にトラブルを招いているわけです。
それでも、おしゃべりは楽しくてやめられない。
だったら、せめて起承転結をつけて、必ずオチをつけましょう。

自分の不運や悲劇も、他人にはちっともおもしろいものではありません。
ですから、笑い話に作りかえて、最後に自分を笑い飛ばすぐらいのサービス精神は忘れないように。

| | トラックバック (0)

「正義の味方」が「みんなの悪者」

正義を振りかざす「正義の味方」が、自分の知らない間に「みんなの悪者」になっていることがよくあります。
自分にとっての「正しいこと」が周囲に通じないと、ものすごく怒ったりするからです。

「ワタクシは正しい。普通の感覚の持ち主だ」と確信していたら、他人を決して理解できません。
暑さ寒さの感覚が個々人で違うように、なにを正しいと見るかは人それぞれ。

そんな個々人で構成されている世の中なので、多くのことは簡単に一言で割り切れません。
善か悪か、正か誤かにスッパリ分けられないのです。

人間もそう。
大好きな人をときどきひどく憎んだり、好きと憎しみが同居することも。

答えがない状態は、キツイ。
だから、「要するに~」と決めつけたい欲求には気をつけましょう。
「絶対的真理」ほど、うさんくさいものはありません。
わかりやすく、決めつけるようなスローガンは、一見、かっこよいのですが、発した本人はなにも理解していない可能性は高いものです。

自分の感覚を疑うこと。
世の中と、自分自身の、矛盾や限界を認めてしまいましょう。
この作業は、たいへん疲れるのですが。

| | トラックバック (0)

行き場がなくても

今の平和で豊かな日本では、多くの人が、かわりばえのしない毎日の中で、退屈さといらだちを抱え、窒息しかけているようです。

私はそうでした。
だから、私は一人で旅に出かけました。
アフリカの砂漠へ。
東南アジアのジャングルへ。

場所を変えても、相変わらず同じ自分。

なんてつまらない私。
そんな私でも、そのまま丸ごと受け入れてくれて、さらにワクワクさせてくれる人との出会いを夢見ました。

30代半ばで、ようやく悟りました。
すべて妄想だと。

自分のことを全面的に受け入れてくれる人はいません。
逆もまた真なり。
私だって、だれかを全面的に受け入れてはいないのです。

他人に人生を導いてもらおうなんて、甘いかったわけで。

どんなに自分がきつくて、つまらなくても、行き場がなくても、それはそれでいいのかもしれません。

バラ色でない人生に失望する暇があれば、今ここで、社会や他人とかかわりながら、日々を充実させるよう行動したほうがいいようです。

| | トラックバック (0)

隠れ貧血を改善して元気ハツラツ!

女性は「鉄欠乏性貧血」に注意してください。
鉄欠乏性貧血は、血液の赤血球という成分に含まれるヘモグロビン(血色素)が不足して起こります。

ヘモグロビンは、全身の細胞に酸素を運んでいます。
ヘモグロビンの生成には、鉄が不可欠です。
体内の鉄が不足すると、ヘモグロビンが少なくなって、鉄欠乏性貧血が引き起こされます。
そして、体が酸欠状態になり、さまざまな症状が現れます。

例えば、脳の酸素が不足することで、あくび、思考能力の低下、めまい、頭痛などが起こります。
それから、筋肉の酸素が不足すれば、全身がだるくなり、疲労感が出てきます。
また、不足した酸素を補うため、心臓が大量に血液を送り出そうとして、心臓の拍動が速くなります。その結果、息切れや動悸なども起こります。

精神的にも肉体的にも疲れやすい、イライラする、根気が続かない、あくびばかりしている、周囲の人に「顔色が悪い」「肌がくすんでいる」と言われた……いくら高価な美容液をつけても、自己啓発本を読んでも、肌も心も今ひとつという人は、軽い貧血になっているかもしれません。
心当たりのある人は、鉄を補う食事を心がけましょう。

鉄には、レバーや肉類、魚類などに多く含まれる「ヘム鉄」と、野菜、豆類、穀類、海藻、卵、チーズ、貝類などに多い「非ヘム鉄」があります。
ヘム鉄は非ヘム鉄に比べ、体に吸収されやすいことがわかっています。
例えば、牛肉に含まれる鉄の吸収率は20%ですが、ホウレンソウでは1%くらいです。
効率よく鉄を摂取するためには、動物性食品をしっかり取りましょう。
それから、たんぱく質とビタミンCは鉄の吸収を助け、ビタミンB群は造血機能を高めます。

ところで、「鉄を緑茶やコーヒーなどといっしょに摂取しないほうがいい」と聞いたことがあります。

緑茶、紅茶、コーヒー、ワインなどにはタンニンが含まれています。
タンニンとは植物由来の渋みの成分です。

ある鉄剤を使った実験で、試験管の中では、鉄がタンニン酸と結合して、体に吸収されにくい状態(高分子キレート)ができたと報告されています。

このため、前述した「鉄を緑茶やコーヒーなどといっしょに摂取しないほうがいい」という話が広まったのでしょう。
しかし、臨床試験では、タンニンを含む飲料で鉄剤を服用しても、貧血の改善効果は水で服用した場合とあまり変わらなかったそうです。

貧血が気になる人は、緑茶やコーヒーなど気にせず、食品やサプリメントで継続的に鉄を摂取することを心がけるといいですね。

| | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »