« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

蒸しタオルについて、改めて考えました

■蒸しタオルを行う上での注意点
皮膚が炎症を起こしているとき(日焼け、化膿したニキビなど)は避ける
乾燥が進んで、敏感肌になっているときは避ける
蒸しタオルを当てた後、皮膚をこすらない(タオルなどで拭かない)


「皮膚を洗いすぎるとトラブルが起こる」という指摘は、複数の皮膚科の女医からも出ています。
その1人が、平田雅子医師。
直接お目にかかったことはなく、『水だけ洗顔で、一生美肌! のべ100万人の肌をみてきた皮膚科医が教えます』を読んでみました。
基本的な話の流れは納得したのですが、「蒸しタオルが皮膚を乾燥させる」と書かれている点で疑問が生じました(p30-33)。
もしも蒸しタオルが皮膚を乾燥させるとしたら、私が過去にブログに書いた記事は大問題です。
「蒸しタオルでシミが薄くなる」という話は、ウソだったのか??
ということで、改めて蒸しタオルが皮膚に与える効果について調べてみました。
私の最大の疑問は、「皮脂は水といっしょに蒸発するのか?」ということ。
「肌についた蒸気がとんでいくときに、いっしょにごっそりと皮脂をうばってしまいます」と書かれていました(p32)。
人間は動物なので、皮脂を動物性脂肪と同様に考えてみます。
動物性脂肪は飽和脂肪酸を多く含むので、植物性脂肪と比較して一般に融点が高いようです。
バターは冬は室温でも固体なのに、サラダ油は液体ですね。
また、啓林館のサイトによると、脂肪酸の沸点は300度以上でした。
http://keirinkan.com/kori/kori_chemistry/kori_chemistry_2/contents/ch-2/4-bu/4-1-3.htm
以上のことから、蒸しタオルの蒸気で、皮脂が蒸発するとは考えられないのではないか、という結果を私は出しました。
ただ、ほかの皮膚科医の話では、敏感肌にとって蒸気も強い刺激になるそうです。
おふろのもうもうとした蒸気を浴びただけで、皮膚が赤くなったり、かゆみが生じたりすると聞きました。
ですから、皮膚の状態が悪いときに、蒸気を浴びたり、蒸しタオルをしたりすることは避けたほうがいいと考えます。
温める効果については、ヒートショックプロテイン(HSP)というたんぱく質の効果で、42度以上に温めると紫外線からのダメージから皮膚が修復されると発表されています。
このお話は慶応大学薬学部の水島徹教授(当時)に聞いたのですが、懲戒解雇されたとネットで話題になっていました。
研究者の不正はさておき、HSPは真皮のコラーゲンを作る・守る過程で働くとされています。
表皮の角質層は、間接的に美しくなるのでしょうが、直接的な効果はなさそうです。
「蒸しタオルでシミが薄くなる」という話の根拠は、HSPで説明ができます。
HSPは、シミの原因であるメラニンの産生を抑えるとわかっています。
皮膚が温められて、HSPの働きでメラニンの産生が抑制されると同時に、真皮の細胞が保護されると、過去にできたシミが新陳代謝でアカとしてはがれ落ちたと考えられるでしょう。
こうして、私なりの結論が出ました。
○皮膚が固い・くすむ・張りがないときに、顔に蒸しタオルを行うと効果を実感できるはず
○疲れやストレスがたまっているときに、頭や顔に蒸しタオルを行うと血行が促され、顔色がよくなる
○乾燥が原因で敏感肌になった、ニキビ・吹き出物が原因で炎症がある、日焼けしているときは蒸しタオルを行わない
○やっている最中に違和感などを覚えたら、すぐにやめる
○毛穴の汚れを取ろうなどと考えて、蒸しタオルで皮膚をこするのは厳禁
2015年11月24日現在、蒸しタオルは毎日のケアで行うのではなく、人と会う用事がある、疲れてしまって顔色が悪いなど特別な場合に行うこと。
日常では、皮膚をあまり触ったりいじったりしないことを私はお勧めします。

追記(2016年6月7日)

なにげない生活習慣とストレスが招く「洗い過ぎ」について1冊の本ができました
『ふろに入らないほうが美肌になる  「洗わない」スキンケア年代別ガイド』
9784990901110_2

|

ケチではありません、ミニマリストなんです

服が偏っているほうが
おしゃれの平均値は上がる
30年以上、スタイリストとしてファッション業界で仕事をしてきた地曳 いく子さん。
著書『服を買うなら、捨てなさい』が根強い人気です。

この本を読んで私が思ったのは、「バリエーション」ほどリスクの高いものはないということ。
同じ服を繰り返し着たくないからと、1週間、トップスもボトムスも違うアイテムにしたとします。
すると7日のうちの2日ぐらいは、安い服や古臭い服が混ざって、イマイチなコーディネートになるのが現実。
こうして、おしゃれの平均値を下げることになるそうです。

おしゃれのために、バリエーションを増やそうとしたら逆効果というわけですね。
それよりも、今の自分によく似合う服を週に2~3回着ているほうが、おしゃれの評価ははるかに上がると地曳 さんは語っています
肌がピチピチの10代や20代の頃ならともかく、30歳を過ぎてくると若さで服を着こなすことができなくなります。
つまりは、似合う服が限られてくるということ。
だったら、自分の得意分野だけで勝負すればいいのだそうです。
 毎日、同じコートを着てもいい!
 パンツスタイルばかりでも、全然かまわない!!
ワードローブが偏っているほうが、おしゃれの平均値は上がるわけです。
そのためのスタートは、足を引っ張っている「ブス服」を捨てること。
ブス服か否か。
いちばんわかりやすいのは、朝、鏡の前で脱ぎ捨てた服はブス服。即、ゴミ箱へ。
それから、着ていてかゆくなったり、チクチクしたりした服。
体にフィットするストレッチ素材の服については、ワンシーズンでおしまい。
ブス服を、「高かったから」「また着るかも」と引き出しに戻すと、うっかり着てしまって、減点ミスを犯すリスクがあるから注意を。


地曳さんのお話では、
服のコストパフォーマンスは、値段を着る年数で割るのではなく、着る回数で割って計算するもの。
一生ものと思って高いお金を出して買った服でも、1年に1回着るかどうかなら、コストパフォーマンスがかなり悪いので、取っておく価値もなし!
また「私たちは過去には戻れないし、若返ることもない」ということも、本には書かれていました。
若いというだけで服を着こなせるという部分もあるので、似合わなくなった服が、来年になったら似合うようになるという可能性は、限りなくゼロ。
悲しい話です。


持つべき服と
野球チームは同じ

ブス服が減っていくと、着ている自分にとっては心地よく、他人からもおしゃれに見られる服だけが残ります。
地曳さんの場合は、ワンシーズンでトップスが10枚ぐらい、ボトムスは3~4枚、それにカーディガンなどの羽織りものが2枚で、アウターが2枚程度となのだそうです。
野球のチームでいえば、これがスタメン。
くたびれてきたポジションの服だけ、新しいものと買い替える。
つまりは「服を買うなら、捨てなさい」ということですね。

地曳さんがお話しになっていたのは、服を買うときに必ず試着すること。
そして、試着室の鏡は実際より1~2割スリムに見える魔法の鏡なので、いっしょに買い物に来てくれた家族や友人に、試着後はスマホなどで撮影してもらうといいのだそうです。
これこそが、真実の鏡。


まず靴から
コーディネートを決める 
仕事や家庭によって、女性は行動範囲も生活様式も人それぞれに変わっていきます。
服も今の自分に合わせてアップデートしていくようにと地曳さんは語っています。
しかし、今の自分のスタイルって何??と思いませんか。
女優やモデルならともかく、ご飯作って、子どもに食べさせて、仕事して、帰ってきて、ご飯作って……という毎日。
スタイルなんて、考えたこともありません。
そんな疑問に対しても、地曳さんは答えを出しています。

いつも履いている靴。
これこそが、今のスタイルが最もよく表れているのだそうです。
私の場合は、スニーカーだらけ。
ニューバランスがいちばん足形に合っているようです。
出かけるときに履くのはニューバランスのスニーカーとなると、それに合わないアイテムを着て出かける機会はほとんどないわけです。
クローゼットにしまい込んでいたスーツたちは、非常用に1着取っておけばいいことになりますね。

靴については、服よりも優先して考えるべきアイテムだと地曳さん。
すぐに足が痛くなる靴は、歩くと疲れます。
「電車に乗れば、周りの人を突き飛ばしてでも座りたくなるでしょう」と本に書かれていたので、つい笑ってしまいました。
私にも思い当たることがあったからです。
履き心地の悪い靴で、心もブスになるのですね。
『フランス人は服を10着しか持たない』という本も評判になりましたが、私たち、日本人女性は、ファッションでも「正解」を求めて、悩みすぎなのかもしれません。
加えて、「いつも同じ服ばっかり着ていて、ケチと思われたらどうしよう」みたいな不安感を持っていると思います。
この年齢になった私も、そんな悩みや不安感を抱えていたと、地曳さんの本を読んで気づきました。

そして、本を読み終えた後、クローゼットを開けて、ここ2~3年着ていない「定番のベージュコート」などをどんどん捨ててしまいました。
残ったのは、軽いダウンコートだけ。
地曳さんは「それでいいのよ!」と言ってくれそうです。

今、最小限のモノで生活する「ミニマリスト」も話題になっています。
ですから、この冬はいつものスニーカーとダウンコートで、「ミニマリストなのよ~」とちょっぴり誇らしげに外出しようかと思っているところです。
毎日のファッションがつまらない、気が重い、めんどうくさいと感じている人に、『服を買うなら、捨てなさい』をお勧めします。

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »