カテゴリー「占い・スピリチュアル」の27件の記事

占いを取り入れるうえで、私が注意すること

今後、私はカード・誕生数占い・手相を使った個人セッションを行います。

占いを取り入れるうえで私が注意したいのは、占いの結果を運命だとクライアントに思い込ませないこと。
こうした思い込みが間違った「心の支え」となって、偏った考えを作り出すからです。

占いの結果だけでなく、これまでのクライアントの経験に対してもハーフアンドハーフ、つまり半分だけ根拠とするという態度を私は取りたいと思います

占いの結果を「自分のことをすべて言い当てている」とクライアントが受け止めると、「将来起こることも占いの結果どおりになる」と思い込んでしまいます。
これは冷静な判断を失わせることになり、選択肢を狭めるので危険です。

「私は○○という結果が出たから△△になる」
「私は○○というタイプだから△△という行動を取る」
「過去に○○があったから今の私は△△だ」
こうした因果律は、人間のほんの一面にしか当てはまりません。

因果律を言い訳にして、今の自分の態度を正当化し、問題行動を「仕方がない」と修正しないケースがあります。
しかし、これは自分の態度を変えたくないから、占いや心理テストの結果、過去の出来事を言い訳に使っているのです。

クライアントには、現在の自分の態度と行動は自分で変えられ、それが未来につながるということ。
そして視点を自分やその周辺だけに固定するのではなく、社会にも目を向けるようにすると、自分がなんらかの形で役に立って今抱えている問題も解決すること。
占いは、自分を変えるために視点を広げる一つの手段であることを伝えていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生数占い  大麻取締法違反で逮捕された元女優について

最近、ワイドショーをにぎわせているのが、大麻取締法違反で逮捕された元女優のT。
「付き合う男の影響を受けやすい」「洗脳されている」などとコメンテーターが好き勝手言っていたので、誕生数を調べてみました。結果、彼女は永遠の「少女」(かぎかっこつきです)。悪い言い方をすれば、世間知らずで無責任になります。

自分が楽しむことも、周囲を楽しませることも大好き。
「みんなと一緒におもしろいことをしたい!」と、何事にも興味津々で、いろいろな場所に顔を出します。
いったんハマると、時間を忘れて没頭し、誰にも負けたくないと思うでしょう。

キラキラと目を輝かせる「少女」のような女性。
元女優のTは美しいだけでなく、憂いのある瞳と知的な話し方をしていたので、会ったときの「少女」というギャップに男性たちはたまらなかったでしょうね。
彼女から「もっと知りたい、教えて」と乞われると、周囲の男性陣は必要以上にがんばってしまったのではないかと。
もちろん、周囲の女性にとっても彼女は魅力的だったとは思われますが。

しかし「少女」はまだ子どもなので飽きっぽく、気持ちが覚めたらもう見向きもしません。
そしてまた楽しいこと、おもしろいことを求めて、違う場所へと向かうのです。

「少女」ですから実はスピリチュアルなことにも興味があり、「私って普通の人とは違う」という気持ちを抱いていた可能性もあるでしょう。

医療用大麻の解禁を訴えたのは、「大麻のことで誰にも負けたくない」と思っていたのかもしれません。
体に起こる痛みのメカニズムや鎮痛剤の作用・副作用、痛みに苦しめられている患者さんの現状については、あまり調べていなかったのではないかと。
あくまでもテレビで彼女を見た範囲では、「マスコミの人間や一般人はわかっていない」という発言ばかりで、感情的でした(かたくなさが「洗脳」と思われたかと)。

参議院選に立候補したのも、「目立ちたい」「議員っておもしろそう」「大麻仲間を楽しませたい」という思いがあったのかもしれません。
私が抱いていた元女優のTへの印象「どこか憂いのある、知的な女性」と、誕生数占いとの結果がかけ離れていたので、驚いてしまいました。占いを使うことで1人の人間を多面的に解釈できるのだと、改めて実感した次第です。

元女優Tと、やはりワイドショーをにぎわせている女性大統領は同じ誕生数でした。
どちらの「少女」も目立ちたがり屋な甘えん坊なのかもしれません。
ちなみに、女性大統領のほうは細やかな心配りもできて、相手の気持ちを汲み取れるがゆえに優柔不断になっている可能性も。
それでいて「まあ、なんとかなるさ!」という楽観的な生き方をしがち。厳しい現実から目を背けるような姿勢になるとしたら、一国のリーダーとしてはどうなのでしょうね。

元女優Tも女性大統領もこのブログを読むことはないでしょうが、常識や正論を押し付ける口うるさい人を敬遠しないことが人生を豊かにするポイント。
甘やかせる人、かばってくれる人とばかり付き合っていると、わがままと悪ふざけが過ぎて嫌われ者になり寂しい思いをするでしょう。
苦手な人との交友関係が人生のバランスを調整し、「楽しさを求めて生きる」ことを実現させると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生数占い 誕生日数・名前数2 尽くす人

基本的な性格
協調性が強く、争いを嫌う

 自分の考えを主張するよりも、周囲の話をよく聞いて、できるだけ相手に合わせようとするでしょう。目立つことや争いを好まず、話し合いなどが穏やかにまとまることを望みます。生活のさまざまな場面で決定しなければならないことがあると、他人に委ねてしまいがちです。
 周囲の人を助けることが好きで、細やかな心配りができるはずです。
 そのため、神経質になりがち。周囲でケンカや口論が始まると、たとえ些細な言い争いでも「この先どうなるのだろう」とひどく心配して、ストレスをためてしまいます。音に敏感で、怒鳴り声や机をたたく大きな音などが苦手です。

周囲に与える印象
頼まれ事を断らないお人好し

 どんな事でも頼まれたら断れない性格です。自分の都合を変更してまで、頼まれ事を引き受けてしまうのは、相手の役に立つことを望んでいるからです。ただ、多数の人からの「ちょっとしたお願い」を背負い込んでしまうと、「どうして私ばかり面倒を押し付けられるのだろう」と悲しくなったり、気持ちがふさぎこんだりするでしょう。
 「助ける」という行為は自ら進んで行っているとはいえ、「ありがとう」という言葉や態度を相手から求めていませんか。
 「私が相手のために行ったことに対して、私は感謝してほしいのだ」という自分の思いを認めてしまいましょう。自分の思いをはっきりさせると、頼み事を聞いてあげる相手を選んだり、「今は無理です」というNoを上手に伝えたりすることができるはずです。

| | トラックバック (0)

誕生数占い おわりに

集団生活のために
人間は数を作り出した

 数はなぜ生まれたのでしょうか。
 私が思ったのは、私たちの祖先が集団生活を始めたらいろいろと不便があったから、数が必要になって作り出したという可能性。人間が単独で、その日に捕獲した動物や果物を食べて暮らしていれば、数は必要なかったかもしれません。人間が増えて集まって暮らすようになり、力を合わせて狩猟をしたり、たくさんの道具を作ったりするうちに、「自分」と「他人」という概念が生まれ、どうやって獲物を平等に分けるかなどを考えなければならなくなったのでしょうか。
 さらに農耕が始まると、いつ種をまいて刈り取るのかを知る必要が出てきます。人間は、太陽などの星の運行を知るために地面に垂直に棒を立てたり、夜空を観察したりしたのでしょう。こうして暦が生まれたようです。
 言い換えれば、自分と他人、自分と自然環境との関わり合いを意識するようになったから、人間が数を作り出したのです。
 だとしたら、ピタゴラス派が掲げた「万物は数である」という教義は、少々無理があるかもしれません。数が世界を形作っているというよりも、人間は集団生活をスムーズに行うために数を利用してきたと言うほうが、私にはしっくりくるのです。
 人間や自然現象を数にこじつけようとすることは理屈的にはできるでしょうが、本質を見誤りそうです。ピタゴラス派は、整数でも分数でもない「無理数」の存在を秘密として、口外した人物を溺死させたそうです。こうした秘密主義が地元市民の反感を買って、焼き討ちにあったと記録が残っています。
 ですから、誕生数占いについても、「私たちが集団生活を行う上で、自分をとらえ直すときに数を使うと便利かもしれない」ととらえていただければと思っています。

人間理解のために
数を利用する

 西洋でも東洋でも、私たちの祖先は数に特別な意味を与えてきました。また、さまざまな古代文明で、7日を1つの単位とする暦を作ってきました。もしかしたら、人間の脳には共通して、美しい、神聖だ、心地よいなどと感じる数や比率があるのかもしれません。
 そして数学者たちは、数式の真皮や美しさに魅了されて、さまざまな公式を発見してきました。純粋に、数に魅了されてきた人々がいるわけです。
 私は誕生数占いを学ぶ中で、人間が行ってきた自然現象の観察や探求心のすばらしさを知りました。
 そして、誕生数占いで相性や適職について記述しないのは、本人の忍耐とたゆまぬ努力が良し悪しを決めると考えるからです。
 結婚は、本人どうしが引かれ合っているかに加え、親類や仕事、友人なども影響を与えます。結婚に付随する子育てや介護については、異性として好きかどうかではなく、仲間としてタッグを組めるかが重要になります。また、夫婦で長年暮らしているといいときと悪いときがあるもので、悪いときをどう乗り越えるかは本人の努力や身の処し方にかかっているわけです。
 職業についても、例えばマスコミ関係の仕事だからと言ってクリエイティビティとフットワークの軽さだけが求められているとは言えません。地道に積み上げるような作業をする人もいれば、縁故を重視して人間関係を作ることに尽力する人もいます。1つの仕事はさまざまなタイプの人間が作り上げているので、生き方や性格で職種を選ぶ必要はないと私は考えます。
 誕生数占いでは、偏差値や年収額のように人間を数に当てはめて比較するのではなく、1人ひとりまったく異なる人間を理解するために数を利用していただければ幸いです。
 

| | トラックバック (0)

誕生数占い 誕生日数・名前数1 場を仕切る人

基本的な性格
自分の意見をはっきりと主張する
 遊びも仕事も、他人に言われたとおりに物事を進めようとはしません。自分なりに考えを巡らせ、「これが正しい」と結論が出たら、自分なりの正しいやり方を周りの人にはっきりと伝え、実行に移します。
 上下関係よりも、それが正しいかどうか、それがベストかどうかを重視します。ですから、年長者に対しても自分の考えを堂々と語るでしょう。「不満があっても黙って従う」「曖昧なままでも、とりあえずはよい」などと調子を合わせることはなく、必ず一言は発言するでしょう。
 決断力と行動力に優れ、自然とリーダーとなってその場を仕切ってしまうはずです。ぐずぐずしていることが嫌いなので、短気で怒りっぽい面もあるでしょう。


よく受ける誤解
自己中心的で押しつけがましい
 自分がストレートな性格のため、態度があいまいな人や陰口をたたく人を嫌うでしょう。ですから、1本筋の通った、ウソをつかない誠実な人を好むはずです。
 誰に対しても自分の正論をぶつけ、それを真っ向から反対されるとイライラしがちです。そのため、「自己中心的で押しつけがましい人」という印象を持たれる可能性があります。
 また、行動を急ぐあまり、周囲の人の決断を迫ったり、答えを聞かずにさっさと進行させたりしがちです。
 「自分は正しいことを言っているのに、どうして周囲は迷っているのだろう」「どうしてすぐに受け入れられないのだろう」と感じたときに、説明を重ねると圧迫感を与えます。論理を通すのではなく、周囲の人の感情を尊重させると、問題解決の糸口が見つかるはずです。

| | トラックバック (0)

ラッキーを示唆する悪夢

私は以前から、ある夢に悩まされてきました。

それは、おぞましく、異常に汚いトイレの夢。
現実にはあり得ないほどの不潔さで、その夢を見るたびにどっと疲れていました。

あるとき、手相、方位、夢の占いでとても有名な人を取材したので、「う○ちの夢は金運アップを示唆していると言いますが……」と私は自分の不快な夢について話しました。
すると返事が「もったいない。宝くじは買いましたか?」。
「いえ、その夢を見たからと言って、別に何もしていません」と答えると「だから、そんな夢を見るのです!!」とお叱りの言葉が。う○ちの夢を見て私が行動を起こしていないから、夢の汚さがグレードアップしていくのだそうです。
手相の取材だったのですが、夢占いの著書をお土産にもらいました。

これから本を出す私。宝くじを買うのと同じぐらいの賭けをするわけです。これでおぞましいほど汚いトイレの夢を見なくなるかもしれません。
夢については、古い時代から世界各地で「将来の出来事の暗示」と考えられてきたようです。夢の解釈が重要視されてきました。
20歳期には精神科医のフロイトが『夢判断』を出版。
その内容とは反対の立場をアドラーは取ったようですね。ユングは批判的。
夢は抑圧されて満足できなかったことか、自分が問題視していることを指摘しているのか、集合的無意識を作り上げているのかはさておき、本出したことで見る夢も変化するのかをチェックしようと思います。
昨日はおぞましい夢だったので、今日は清潔な場所のすてきな夢を見たいな。

| | トラックバック (0)

誕生日占い 数字の解釈

 このタロットカードは0(ゼロ)。番号がない「愚者」というカードです。

Img_1620

 カードに描かれた男は、誕生数占いを象徴しています。
 同じ場所にとどまることなく、旅をする男。
 私たちも、過去・現在・未来という時間を旅しています。人生は旅であり、私たちは時間の旅人。旅の目的があってもなくても、死ぬまでにどこかの場所に到達しています。それまでに私たちが歩く道を表しているのが、誕生数なのです。

 「愚者」のカードでは、帽子をかぶった旅人が荷物を担いで歩き、子犬がじゃれています。旅人の衣服や荷物が「パーソナリティー」に当たり、男の肉体が誕生日占いでの「誕生日数」・「名前数」が表す性格、子犬が「誕生月日数」が表す人生の寄り道、そして男が歩く道が「誕生数」が表す生き方です。

 旅人は非常に目立つ帽子と服を身に着けていますが、歩き続けているうちに暑くなって帽子を脱いだり、荷物を忘れたりするかもしれません。持ち物がなくなると不安になりますが、旅を続けるには身軽なほうがいいでしょう。
 旅人の体力や健康状態で、歩き方は変化します。
 とはいえ、肉体的な条件だけで歩く道が決まるわけではありません。『ウサギとカメ』ではありませんが、足が遅くてもゆっくりと時間をかけて山を登って、頂上からの景色を楽しめるでしょう。
 ときどき旅人を子犬が引き留めたり、子犬が先に進んでその後を旅人がついて行ったりすることもあります。
 そんな子犬との寄り道を楽しみながら、旅人は歩き続けます。

 では、私たちの人生はどうでしょうか。
 生まれつきかわいい顔立ちで裕福な家で育ち英才教育を施されたのか、見た目も経済面も平凡で親から放任されて育ったのかで、子どもの態度は大きく左右されるでしょう。自信たっぷりの子もいれば、キョロキョロと落ち着きのない子もいます。
 しかし成長するに伴って、子どもの印象は変化します。親の影響が薄れ、自分らしさを求めるからです。小学生の頃は目立ちたがり屋だったのに、思春期に自分の趣味に没頭してマイペースになることもあるでしょう。
 そして進学、就職、結婚など、人生の進路にかかわるタイミングで「困っている人を助けたい」「私は周囲の人と同じ生き方をしたくない」などという思いがふっと湧いてきます。この思いには強弱があるので、自覚しない人もいます。
 一方で、「おもしろそうだから、やってみよう」などと心惹かれて、新しい世界に少しだけ足を踏み入れることもあります。例えば「しがらみから解放されたい」とバックパッカーになったとしましょう。刺激が多くて楽しかったのですが、やがて「ちょっと違うかも」と感じ始めたり、旅先で貧しい人々に会って「助けたい」と援助する活動を始めたりするでしょう。
 自分の人生に満足するかどうか、どのように評価をするのかは、私たちの理性が判断すること。ですから誕生日占いの対象にはなっていません。

 そして誕生日占いの数字が示す傾向や方向性をもとに人生を解釈するのは、私たち自身です。生まれや育ち、外見、年齢、学歴などとは違った角度から人生をとらえ直す方法の一つとして、誕生日占いを使ってみてください。

[コラム]
 「子どもの頃は目立ちたがり屋だったが、思春期でマイペースになり、進学や就職で周囲を助けることをしたいと考えるようになったが、会社を辞めてバックパッカーになり、旅先で援助活動を始めた」という生き方を、タロットカードの旅人と誕生数占いに当てはめてみましょう。
誕生数占いタロットカードの要素→人生の傾向
パーソナリティー→旅人の衣服や荷物→目立ちたがり屋
誕生日数・名前数が表す性格→旅人の肉体→マイペース
誕生月日数が表す寄り道→子犬との寄り道→バックパッカー
誕生数が表す生き方→旅人が歩く道→周囲を助ける

| | トラックバック (0)

矛盾する2つのことを同時に行う

私は編集者として、年配の女性に取材をしていました。
同行しているライターが、リフレクソロジーに詳しい看護師で、これまで私が何度か取材してきた女性でした。
おかしな話なのですが、私は彼女とともに取材を行い、こちらが聞きたい話を先方から引き出そうとして苦労していました。
取材テーマは「野菜」。
ライターがさまざまな話を振っても、取材先の女性は「それはどうかしらね」といった肯定も否定もしない返事でした。
ライターが私に目配せをしたので、私が話題が変えました。
「矛盾する2つのことを行うようにという結果が出たとき、両方とも行うべきなのでしょうか」
どうやら私は、取材先に関することを調べておいて、「とある場所でお告げのようなものを聞けるのだが、矛盾する2つのことを行いなさいというお告げが出た」などの情報を仕入れていたようです。
取材先の女性の態度が変わり、熱心に話を始めたところで……

私はいきなり夢から覚めました。

そもそも、夢の中のライターは、現実世界では「先生」と呼ばれ、研究熱心な姿勢を私がとても尊敬している人です。
なぜその人と仕事仲間として取材に行ったのか、しかもテーマは彼女と無関係の「野菜」で、夢の中の取材先はえらい人のようですが医師ではありません。
取材で話がうまく回らないときの、ジリジリした雰囲気が、夢の中でも漂っていました。
ライターと取材先のやり取りをじっと聞きながら、私は頭の中で打開策をフル回転で探すことも、よく経験していました。
奇妙な現実感のある夢。

よくわかりませんが「矛盾する2つのことを同時に行う」がキーワードのようです。

| | トラックバック (0)

誕生日占い 人生のサイクル

昔から「諸行無常」「人間万事塞翁が馬」と言いますが、運気は時間の経過とともに変化していきます。
ここでの「運気」とは、「自分の性質と資質を生かせる時期、生かせる度合」としましょう。

運気が上がっているときは、自分の性質や資質をすんなりと認めてもらえる環境や人間関係の中にいます。
一方、運気が下がっているときに、強引に物事を推し進めたり、わがままを押し通したり、他人のせいにしてケンカしたり、環境を大きく変えたりすると、状況はもっと悪化するでしょう。
運気の変化を待つことが大切なのです。

現在の自分の運気を教えているのが、体です。
病気になる、ケガをする、骨折するなどといった体のトラブルは、運気が下がっていることを示しています。

ただ、病気やケガをしなくても、体を観察すると運気の小さな変化を察知できるでしょう。
分かりやすいのが、手のひらと足の裏です。
色を見て、血色がなく白くなっていたり、赤くテカテカしていたり、血管が浮き上がって青くなっていたりしていたら、要注意。
体が運気の低下と内臓の不調を教えています。
生活リズムを整え、体を冷やさないようにし、食事を節制するなどの対処を行って、書物などを読んで自分を見つめ直しながら、穏やかに経過させることを心がけましょう。

誕生数占いでは、占いたい年(西暦)と、自分の生まれた月日との和が、その年の大きなテーマを示すと考えます。
例えば、10月13日生まれの人が2016年のテーマを知りたいときは、2+0+1+6+1+0+1+3=14、1+4=5で5となります。

サイクル数
1 エネルギーがみなぎる年。新しい方向性や機会が現れたら、受け入れるとよい。
2 平穏で静かに過ごす年。友情をたいせつにし、他人と協力するとよい。
3 活発に行動する年。楽天的になって、たくさんの人と交流するとよい。
4 安定する年。自分の基盤をより強固にするとよい。
5 新しいことを始める年。新しい人と出会い、新しいことに興味がわく。
6 家族や家庭など自分が所属する場所をたいせつにする年。義務を果たすとよい。
7 休息と反省の年。一人で過ごし、自分の内面を見つめ直すとよい。
8 ビジネス面での成功の年。物事を強力に推進させるとよい。
9 変化に富むドラマチックな年。来年に向けて、新しいことを始める準備をするとよい。

たとえ今、運気が下がっていて、悩みやつらさ、悲しみを感じていても、気を落とさないで。
人生には波があり、運気は再び上がるものです。

そして、悩みやつらさ、悲しみは、私たちの心の成長を促します。
安易なポジティブ思想で、悩みやつらさ、悲しみをごまかす必要はありません。

|

誕生数占い 数字の解釈と占う目的

通常のルートから外れる
人生の寄り道


 「誕生数」が人生のルートとしたら、「誕生月日数」は人生の寄り道を表しています。寄り道なので、ふらりと心をひかれてしまう方向。さまざまな経験をして成長につながることもあれば、本来のルートを見失う場合もあります。
 また、「誕生数」と「誕生月日数」が一致すると、誕生数が示すテーマのよい面も悪い面もが強められて、極端な生き方になる可能性が高くなります。

○誕生月日数の計算

生まれた年(西暦)、生まれた月、生まれた日
□□□□年 ○○月 ▽▽日

○+○+▽+▽=△△
※▽▽が11、22、33のときは、計算をしない→11、22、33が誕生月日数

→△+△=◎ →1ケタの◎の数字が誕生日数

※例 セカイノオワリの深瀬慧さん
1985年10月13日

1+0+1+3=5 →5が誕生月日数



●誕生月日数1 指導者的な立場を取る
 自分が正しいと思ったことを語り、周囲を牽引する機会があるでしょう。誕生数が1の場合、自分の信念が強いゆえに過激な行動したり、自分への反論を嫌って孤立したりするかもしれません。

●誕生月日数2 周囲の人に協力する
 周囲を気遣い、サポートする機会があるでしょう。誕生数が2の場合、周囲に尽くし過ぎて「私ってかわいそう」などと自己憐憫に何度も陥る可能性があります。

●誕生月日数3 自分が想像したことを表現する
 思いついたことをすぐに行動に移し、知り合いが増える機会があるでしょう。誕生数が3の場合、フラフラと落ち着きのない人生を歩むかもしれません。

●誕生月日数4 現実的な成果を出す
 目標を達成するために、単調な作業でも粘り強く繰り返す機会があるでしょう。誕生数が4の場合、働き過ぎによる心身の消耗に注意しましょう。

●誕生月日数5 自由気ままに行動する
 これまでの常識やしがらみを捨てて、刺激的なことを求める機会があるでしょう。誕生数が5の場合、常識から逸脱した、波乱万丈の人生になるかもしれません。

●誕生月日数6 後進を育成する
 子どもたちや後輩などを指導し、育てる機会があるでしょう。誕生数が6の場合、身内びいきが激しく、排他的になる可能性があります。

●誕生月日数7 1人で探求する
 周囲とは隔絶した空間で、専門性の高い事柄を1人で分析する機会があるでしょう。誕生数が7の場合、世捨て人のような人生を歩むかもしれません。

●誕生月日数8 ビジネスで成功する
 大きな組織から離れて、独力で仕事を成功させる機会があるでしょう。誕生数が8の場合、家族や身近な人が目に入らず、お金や物に固執するかもしれません。

●誕生月日数9 理想の世界を表現する
 農薬を使わないオーガニックな食事や、自分のコンセプトで選んだ小物の収集など、自分独自の世界観を表現した生活を送る機会があるでしょう。誕生数が8の場合、その生活にはまりすぎて、周囲がついていけないかもしれません。

●誕生月日数11 勘で行動する
 「これは!」とひらめくシーンが増えて、直感に従って行動する機会があるでしょう。誕生数が11の場合、オカルトやスピリチュアルなどへの興味が強くなる可能性があります。

●誕生月日数22 支配的な立場を取る
 人々の中心的な役割を負って、周囲を動かす機会があるでしょう。誕生数が22の場合、敵が多い状態になるかもしれません。

●誕生月日数33 周囲の人に奉仕する
 無償で人助けをしたり、ボランティア活動をしたりする機会があるでしょう。誕生数が33の場合、金銭的に苦しい状態になるかもしれません。


性格と生き方のギャップに
自分自身が戸惑うことも

 [「誕生日数」「名前数」で性格を知る]の項目で書きましたが、誕生数占いでは行動と性格を分けて考えます。
 さらに、子どもの頃は、家族関係や生活環境、周囲の対応などで引き出された行動が、いわゆる「性格」の判断材料になりがちです。この「性格」を、ここでは「パーソナリティー」と表記しましょう。
 例えば、体育会系の両親を持つと、子どもも幼い頃からサッカーや野球などのスポーツチームに入る傾向があります。チームでは大声を出したり、仲間と連携したりすることを求められます。すると、子どもの声も大きくなり、仲間を行動を共にするので、「活発でガッツがあり、協調性もある」と周囲から評価されやすいでしょう。
 やがて成長し、両親との心理的な距離が離れてくると、スポーツはそこそこで、1人で楽しそうに本を読んでいる姿を目にするかもしれません。
 誕生数占いでは、「活発でガッツがあり、協調性もある」というのはパーソナリティーで、1人を好むのが本来の性格と考えるのです。
 両親や生活環境などの影響が強く継続すれば、人生の中で本来の性格が表面に出てくる時間はほとんどないかもしれません。
 また、孤独を愛しながらも、人助けのために尽力し、そのことで自分が成長したと感じられ、充実感が得られる、そんな人生もあるでしょう。性格と生き方の違いに、自分自身も戸惑うかもしれません。
 ここで、深瀬慧さんの数字を見てみましょう。
◇誕生数 1
◇誕生日数 4
◇名前数 1
◇誕生月日数 5
 深瀬慧さんについては、常識を重んじながらも、自分が正しいと思ったことは周囲に強く訴えかける性格と読み解きます。あるいは、自分が正しさを主張しながら、その正しさを示すために、地道に努力するとも読めるでしょう。
 普段が責任感が強くて堅実な分、ときには羽目を外して、気ままで自分の思いどおりに動きたくなるときがあるでしょう。周囲はアッと驚くでしょうが、実は自分も驚いています。

 そうした経験を踏まえ、慣習となってしまったことを打ち破って、今を新しく変えていく活動をし、たとえ孤立しても革新の道を進むでしょう。
 筆者はセカイノオワリの音楽は好きですが、まったく深瀬慧さん本人について知らないので、あくまでも誕生数占いでの解釈です。

過去の評価とは別の観点で
性格・生き方をとらえる

 私たち、人間は多面的な生き物です。長い人生の中で、パーソナリティーのままで生きるのが苦しくなったり、行き詰まったり、また、自分や周囲からの評価に対して、違和感を抱くすることもあるでしょう。自己評価も、パーソナリティーをもとに分析するので、あてにならない場合があるのです。
 そんなときに、家族関係や生活環境、周囲の対応などとは無関係の誕生数占いは、自分を把握するうえで、まったく新しい観点を与えます。
 もう1つ、家族、特に子どもとの関係においても、誕生数占いは有効に機能すると思います。私たちは、「私が○○だったから、子どもも○○」という具合に、自分の子どもをつい自分と同一視しがちではないでしょうか。顔や体つきで似ている点が多く、「遺伝」として一見科学的・論理的な説明もしやすいからです(「遺伝」については、現実的にはまだよく分かっていない)。

 誕生数占いを行う意義は、「親と子は表面的に似ていたとしても、性格も、生きるテーマも異なる」と自覚すること。違いが分かれば、お互いを認め合う余裕も生まれると考えます。
 性格と生きるテーマに、優劣や善悪はありません。
 資本主義の競争社会の中では、勝ち負けという価値観が強いので、受験・就職試験で受かった、お金をたくさん稼いだという現象が「勝ち」で「優れている」と一般にとらえられるでしょう。
 こうした価値観とは異なる角度で自分と周囲の人を見つめ直すために、誕生数占いを利用してほしいと願っています。

 他人と自分を比較したり、性質・資質を決めつけたりするのではなく、互いの違いを認めて自分を生かすこと。それが占う目的です。

|