カテゴリー「リトルプレス 祥知出版」の22件の記事

販促用のZine第1弾は「骨盤」がテーマ

Zine第1弾のテーマに選んだのは、体の要「骨盤」。
雑誌を21年編集してきて、何度このテーマで特集したことか!!!
普段から骨盤を意識して生活すると、痛みなども起こりにくく快適に過ごせるし、くびれができて女性らしい体形になります。

ラフの表紙はこんな感じになりました。
Zineplan

早速Zineのレイアウトを組んでみたのですが、A5では全然テキストが収まりません!
伝えたいことが多すぎるし、A4変型の雑誌を編集していた頃の癖で原稿整理をしてしまうからですね。
版型が小さいしページも少ないからZineは楽に作れるな~なんて思っていたら大間違いでした。

話は変わるのですが、作文教室のこと。
「最初は少ない文字数で作文を書かせる」という教室もあるようですが、私はそれをお勧めしません。
前に述べたように、文章を構成する癖みたいなものができるので、最初から原稿用紙3枚を書かせ、慣れておいたほうがいいと考えるからです。
ちなみにウチの子どもの場合、自転車は最初から補助輪なしでした。
足で地面を蹴って自転車を前に進ませて、バランスを取る癖をつけさせたかったからです。
まあ、作文も補助輪も余談ではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『作文嫌いの子どもに3日で読書感想文を書かせる方法』脱稿しました

『作文嫌いの子どもに3日で読書感想文を書かせる方法』の原稿を書き終わりました。
文章は親向けですが、内容については私の息子に関係していることなので思い入れが強く、涙ぐみながら原稿を打つこともありました。
仕事ばかり気持ちが向いていて、息子が熱を出したときも先に仕事の心配をして、息子が小学2年生になってようやく書字に困難さを抱えていると気づいた私です。
情けなさや反省、教育機関との相談などといった私の経験が、作文嫌いの子どもやそんな子どもを持つ両親の役に立てばうれしい限りです。
もちろん、プロの編集者・ライターとして、原稿を書く作業をどのように進めればいいのかも盛り込んでいます。
せっかく原稿を書き終わったものの、発売時期は来年の7月末にしたほうがいいかな~なんて思っているところです。
夏休みで読書感想文の宿題が出る時期が、この本のニーズが最も高いでしょうし。
製本の発注を6月に行って、その前に表紙・カバーデザインを決めるというスケジュールです。
『誕生日占い』も同時期に発売をして、Amazonへの納本作業を楽にしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『作文嫌いの子どもに3日で読書感想文を書かせる方法』製作中です

過去のブログに大幅加筆して、祥知出版4冊目の単行本『作文嫌いの子どもに3日で読書感想文を書かせる方法』を製作しています。

仕事としての書く・書いてもらう作業も、子どもに書かせる作業も、あまり意識せずにやってきました。
それを文章化するのはなかなか大変でした。
改めて「文章を書くとは??」と考える機会になりました。
そして今回も最大のネックはイラスト。
「なんだよ、これ……」と描いた自分でも悲しくなります。
しかし。
世の中の単行本は、筆者である女性エッセイストやお坊さんが描いたイラストがけっこう掲載されています。
はっきり言って、私レベルのイラスト。
それでも堂々と掲載してしまえば、それはそれで味になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祥知出版事務所と「Book cafe 知恵の木」用の物件その2

先日、ブックカフェを開くのに目星をつけていた物件が空きそうだとこのブログに書きました。

数日間、その物件を見に行き、これは確実だと思っていたのですが……
昨日の午後に見に行くと、シャッターが開いていてお店の中には食事をしている人がいたのです。
しかしドアにはclosedの札。
不思議。
食事をしている人の服装も、あまりにも普段着というか部屋着?
お店をやめて、家族でそこに住んでしまったのでしょうか?
この物件をあきらめたほうがいいかと、がっかり。
ところが、今度は近所の眼鏡屋さんが移転するようで、空き物件が出ることになりました。
カフェに改装するのは厳しそうですが、本屋ならなんとかなるかもしれません。
本屋は古本・新刊本のどちらも扱います。
「1月 血流、2月 骨盤」と毎月テーマを変えて、棚の本を入れ替える予定。
また、本屋ですが読書会や作文教室といったセミナー・イベントを開きます。
本の値付けも今からやっておきたいし、「作文嫌いな子どもに3日で読書感想文を書かせる」をテーマで書籍デザインも始めました(これは祥知出版の件)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祥知出版事務所と「Book cafe 知恵の木」用の物件が空きそう!

「Book cafe 知恵の木」をオープンするならばここと目星をつけていた物件があります。どうやらその物件が空きそうなので、計画が具体化し始めました。

○スケジュール
1 物件の賃貸契約を行うとともに、賃貸契約書の写しと使用承諾書を準備

2 住民票や登記簿謄本などを取得

3 警察へGo! 古物商許可申請

4 40~60日後に許可が下りる

5 「Books 知恵の木」で仮オープン

6 食品衛生責任者の講習を受ける

7 飲食店等営業許可手続を行う

8 「Book cafe 知恵の木」オープン

 目星をつけていた物件はもともとカフェだったので、飲食店等営業許可をもらうに当たって設備自体は問題ないかと予想しています。
 ただ、その物件のお店はだいたい2年サイクルでクローズしています。住宅地の中にあるため、カフェとしての需要が少ないのかもしれません。
 そんな物件ですが、近くに小児科と産婦人科があります。どちらも待ち時間が長いので、健康書や子育て本を扱う「Book cafe 知恵の木」、そして祥知出版の本の販売には適しているのではないかと。

 自分の家庭について考えると、これから教育費が増えていくわけですから、赤字を垂れ流しながらの営業はできません。退職金のうちいくらを、またフリー編集者・ライターとして稼いだお金のうちいくらを「Book cafe 知恵の木」と祥知出版に費やすのか、オープン前に決めておこうと思っています。

 フリー編集者・ライターとして1年半ほど働いてきたのですが、会社員時代と違って経理なども自分で行わなければなりません。些末ですが、健康診断も会社の総務に言われたとおりに動けばよかった頃は楽だったなと感じていました。営業も経理も福利厚生も税金の計算もほかの社員にお任せで、ただただ編集作業だけ行っていたわけですから、あの頃はよかったと遠い目になってしまいます。今の状態に加えてカフェの経理も行わなければならなくなると思うとぞっとします。
 その一方で、社会のしくみや動きなどをこの1年半で学ぶことができたようにも思います。子どもに会社員と自営業のメリット・デメリットを、私の経験から伝えることができそうです。

 物件を借りる前に、「Book cafe 知恵の木」で扱う本のレビューをすべて書くことにしていました。最近はさぼっていたので、今日からまた書きためていくつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトル未定ですが、隠れた心の問題に手のひらと足の裏を手掛かりにして気づく方法をまとめます

 本を作るという作業で、私はいつも『鶴の恩返し』を思い浮かべます。自分の羽を抜いて機を織る。ブチ、ブチ、ブチ……
 今年は本を3冊作って私なりにがんばったから、これからは売るほうに力を入れようと思っていました。しかし、今年に入って世の中では様々な事件が起こり、私自身については潜在意識について取材する機会がありました。「幸運も不幸も出てくるブラックボックスの存在を子どもに教えたい」「言葉ばかりで思考・分析しないほうが自分らしい答えが見つかる」とブログに書いたとおりです。
 また、私は10年ほど前に会った鍼灸師のおじいちゃんから、隠れた体の症状と心の状態を手相で知るという資料を託されていました。資料を埋もれさせておくのも気が引けます。それにさまざまな治療家から、やはり隠れた体の症状と心の状態が足の裏でわかると話を聞いてきました。
 隠れた心の状態=ブラックボックスについて子どもに教えたいと思うのなら、私が受け取ってきた情報を整理するしかないという気持ちになっています。気力や体力がなくなると、ブチ、ブチ、ブチと本を作ることはできなくなりそうですし。
 『発達障害の改善と予防』で著者の澤口俊之氏が「ブログの性質上、体系的な話をするのも困難です」と書かれていました。私も同様に感じています。
 伝えたいのは「思考・分析は非常に重要であると同時に、ブラックボックスの存在を知り、自分自身を含めた人間の意識を知ってほしい」ということ。加えて、潜在意識を謳った書籍やセミナーのインチキさに気づくスキルを子どもに身に着けてほしいと思っています。

手のひらと足裏には
隠れた問題が示されている

 手足を刺激して体調を改善をさせるリフレクソロジー、反射療法といった健康法は、健康雑誌や書籍で多数紹介されてきました。手足には、自覚している不調だけでなく隠れた問題も現れていると言われています。例えば、足の土踏まずをもんだときにジャリジャリしたしこりがあるときは、胃腸に問題があり、本人は平気と思っていても内臓にはダメージがたまっていると考えられています。
 私が21年間仕事をしてきた経験で、手のひらから短期的な不調、足の裏からは長期的に蓄積した不調がわかるととらえています。食べ過ぎや飲み過ぎが続くと手のひらの親指のつけ根の膨らみに青い血管が浮かび上がり(怒張)、それで胃腸や肝臓にダメージが与えられると足の土踏まずにしこりが現れるという関係です。
 手のひらで体調を知るには、手相が大きな手掛かりとなります。これは鍼灸師のおじいちゃんから託された資料に書かれていました。運勢は体調の影響を大きく受けます。生命線のカーブが大きいほど長命だと手相で言いますが、手のひらの親指のつけ根の膨らみは胃腸と対応していて、消化力が弱い人は短命になるわけです。
 ちなみに、感情線や頭脳線も循環器系・神経系と対応しているのだそうです。感情線が乱れていれば、占いだとほれっぽいとか束縛したがるなどと判定します。体の面では血圧に異常があり、精神的に不安定な状態と考えられるのです。
 手のひらで注目したほうがいいのは、もともとの線の長さや丘の豊かさよりも変化。細かいシワが増えて線がぼやけてきた、色がまだらっぽくなってきたなどは、自覚していない心身の変化の現れ。手のひらを見る習慣をつけることで、潜在的な問題にも気づける可能性があるのです。
 そのほか、手のひらのマッサージをカウンセリングに使っているおじちゃんにも会ったことがあります。特に若い人の場合、問題を抱えていても大人に話したがらない傾向があります。それで、おじちゃんは手をマッサージするのだそうです。おじちゃんは相手の手をマッサージすると、相手の心と体の状態がわかるとのこと。マッサージ中におじちゃんから話すことはほとんどありませんが、「実は……」と相手のほうが話を切り出すことがあるようです。しかし、話をしてもしなくても、手のひらをマッサージしていれば、問題はなんとなく解決に向かうのだそうで、カウンセリングと言っても言葉はいらないみたいでした。
 足については、見た目には手ほど変化がはっきりとわからないので、触って確認するのが適していると思います。ちなみに私が「最高のリフレクソロジスト」と思っている人は、触らずに見て、においをかいで、その足の持ち主の心身の状態がわかるのだそうです。達人というか超人的です。
 「足裏で自己診断する」というセミナーを私はお手伝いしたときがあり、たくさんの人の足裏を見る機会に恵まれました。足の形といい、指の長さといい、皮膚の状態といい、足の裏は個性豊かです。とてもきれいな女性が、意外にも角質だらけでいびつな形の足をしていたこともありました。彼女はケアをしてもすぐに角質が厚くなるそうで、達人というか超人の話では足のケアだけでなく心身の問題に気づくのも大事とのこと。
 達人の域に達するのは時間がかかりますが、素人の私でも足裏をもんでいると数カ所、「コリコリして、なんだか気になる」「ぶよぶよしている」という部分はわかります。こうした感触を手掛かりに、反射区を使って心身の問題を掘り下げて考えることはできるでしょう。

もんでいるだけで
問題が解決する可能性もある

 ただ、手のひらマッサージのおじちゃんと同様、足の裏ももんでいれば自然と問題が解決する可能性も高いと言えます。
 私が徹夜に近い状態で仕事をした後に足裏マッサージを受けたときに、都会の一室にいたにも関わらず、まぶたの裏に大平原の映像が見えたことがあります。あまりにもはっきりとした映像で、びっくりしてしまい、そのタイミングで映像は消えました。
 アメリカの博士が前世療法について書いた本で、マッサージを受けているときに前世が見えたという内容がありました。
 そんなこんなで、マッサージにはブラックボックスにアクセスする効果というか、なにかがあるという手ごたえを感じています。この現象は手のひらではなく足裏へのマッサージでなければ現れないという気もしています。
 過去の私の仕事では手のひらや足の裏をもむ特集を組んだときには反射区ありきだったのですが、これからは私が残したいことを中心に「ただ足の裏をもむ」という手法も含めて1冊にまとめたいと思っています。どれだけ自分の羽を抜くことになるのか、どれだけ時間がかかるのかわかりませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『誕生数占い』中面は完成したものの足踏み状態

『誕生数占い  転機で遭遇する12のあなたらしい生き方』の作業が止まっています。

理由はカバーと表紙の絵を息子が描くと言っているから。
中面の文字直しとデザインは出来上がっているので、なんだかな~という感じがしています。
息子には夏休みの宿題をさせなければいけないので、悩ましいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「iチャネル」で、『ふろに入らないほうが美肌になる』が紹介されます

NTTドコモの「iチャネル」という情報配信サービスの「雑誌チャネル」で、『ふろに入らないほうが美肌になる』が7月4日から約1カ月間、紹介されるようです。

Magabon

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『女性の体の知恵』amazonに到着しているのですが

『女性の体の知恵』を自宅からamazonに昨日送り、追跡すると今朝8時49分に届けてくれた模様。

しかし。
まだ「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」とamazonのページに出ているのです。
う~ん、もどかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『女性の体の知恵』amazonに納品しました

今朝、amazonから納品依頼が届きました。

早速、作業開始。
本のページをパラパラと確認してから、エアパッキンで梱包しました。
Tri1_2封筒に入れて、伝票を貼って、amazonに送るのですが、ふと気づきました。
「amazonでエアパッキンが外されて、また梱包されるのなら、資源の無駄遣いになるかも」
取り扱い部数が多ければ、20冊ずつぐらい束で送るから、梱包材の無駄は出にくいのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)